ひどい敏感肌・肌トラブルになりやすい・無添加ファンデーション

  敏感な肌質で、ファンデーションが塗れない。

アイメイクやマスカラでも、肌が荒れてしまう。

このような悩みを抱えてはいませんか?

世の中には色々な肌質の方がいるので、ファンデーションが合わない方もいます。

敏感肌の方の中には、ファンデーションやCCクリームがお肌にあわなかった経験がある方もいるかもしれません。

ベースメイクには化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーなどさまざまな種類がありますが、
敏感肌の方向けに開発された肌に優しいファンデを選びましょう。

ひどい敏感肌だった皮膚科医がつくった金属アレルギー対応ファンデーション。
ワイエスラボは、長年ひどい肌荒れに悩んだ皮膚科医の実体験から生まれた、 肌にやさしい無添加化粧品です。 美しく保つのに必要な成分だけで作った本当の無添加化粧品ワイエスラボは、 肌荒れや敏感肌・肌トラブルに悩む女性のためのファンデが作られている会社です。

毛穴開きやキメの乱れには、セラミドが大切。
肌がヒリヒリしたり、敏感になっている肌には、補給すべき成分です。

敏感肌がなぜ敏感肌かというと、キメが粗くて隙間が多いからです。
スカスカの角質しかないため、外部からの刺激が貫通しやすく、肌奥の神経が反応してしまうから敏感なんです。

この隙間には本来、細胞間脂質が詰まっています。赤ちゃんの肌がツルツルなのは
セラミドがたっぷりと含まれているからなんですね。
このセラミドが水分と油分を交互に確保するため、隙間から入ってきた刺激もブロックします。
でもキメが粗いとセラミドが流れ出やすくなるため、刺激がそのまま奥に通ってしまいます。

敏感肌の方が避けたほうが良い成分

石油系合成界面活性剤

水と油を混ぜるために用いられる乳化剤です。具体的には、石油系の合成界面活性剤です。

ちなみに、ファンデーションに関しては、敏感肌の人はどちらかと言うと、リキッド(液体)よりもパウダーのほうが
肌への負担が少ないと考えられています。

パラベン

長年にわたり、化粧品の刺激成分の代表格のようにみられていたのが、「パラベン」という防腐剤成分です。

パラベンは少量で優れた防腐剤効果を発揮するものの、人によってはアレルギーを起こしやすいとされています。

[ファンデーション全成分] マイカ、スクワラン、酸化亜鉛、シリカ、ステアリン酸Mg、ステアリン酸、トコフェロール、酸化チタン、酸化鉄

生理周期によって肌の状態が敏感になったり、皮脂が多くなったりと安定しない肌状態の方も多いですよね。

そんなホルモンバランスの乱れによる敏感肌の方は、いつものスキンケアでさえ赤くなったりヒリヒリ感じてしまうことも。

肌の調子が悪くなるときは、敏感肌用の化粧水で揺らぎがちな肌状態のバランスを整えることが大切です。

肌が敏感で、何をしてもヒリヒリガサガサ

辛い乾燥肌や荒れ・・・気持ちも辛くなりますよね。

そもそも何で肌が荒れてしまうのか?というと、
皮膚のバリア機能が正常ではないからなんですね。

赤ちゃんや子供の肌がきれいなのは、肌の善玉菌が正常に働いてくれているからです。

大人になると、皮脂やファンデーション、また洗顔のしすぎなど、
さまざまなことが理由でバリア機能が弱まってしまいます。

肌に優しい・30代40代の女性におすすめ化粧品

臨床皮膚医学に基づいた高保湿コスメ ノブlll

臨床皮膚医学に基づいて考えた、
肌あれ・乾燥がきになる敏感肌のためのスキンケア。

・バリア機能サポート(スクワラン、アミノ酸、セラミド3)
・浸透力を高めるセラミド液晶化技術
・うるおい成分(α-グルコシルグリセロール、グリセリン、ヒアルロン酸Na)【NOV】臨床皮膚医学に基いた高保湿コスメ

敏感肌・乾燥肌向けスキンケア セラミディアル

皮膚科学の医学博士が監修したスキンケアシリーズ『セラミディアル』

保湿に大切な「ヒト型セラミド」、タイトジャンクションの形成を促す「POs-Ca」を配合。
お肌の内側の水分蒸発を防ぐことで、もっちりとうるおう肌に導きます。セラミディアル モイスチャーラインキット

オールインワンゲル【リ・ダーマラボ】

リ・ダーマラボ モイストゲルプラスは、保湿を超える自活保水力で
自ら潤いを育み蓄える肌へ導くオールインワンゲル

ぷるぷるのみずみずしいゲルが肌の奥までしっかり届き、つけてすぐだけでなく
翌朝まで続く潤いを実感。ゲル特有のモロモロがでないさらっとした使用感でその後のメイクヨレもなし! 徹底保湿のオールインワンゲル リ・ダーマラボ