年齢を重ねるごとにコラーゲン変化

見た目年齢のポイントって何があると思いますか? 

肌のキレイさ、スタイルはもちろんですが、意外とパッと見た時の印象に関わるのがフェイスラインです。

フェイスラインの印象で見た目年齢は大きく変わります。スタイル抜群で肌の状態がよくても、
ボンヤリしたフェイスラインは見た目年齢をグーンと引き上げてしまいます。

反面、フェイスラインをスッキリさせれば、顔全体の印象をずっと若々しく見せることができます。

顔の筋肉は基本的に加齢によって徐々にたるんできますが、若いからといっても油断はできません。

顔のたるみは20代から既に始まっていると言われています。逆にもう手遅れ、と諦める必要はありません。

今からでもちょっとしたトレーニングで改善していくことができます。
フェイスラインのチェックポイント
正面から鏡で顔を見た時、頬や顎のラインに締まりがない。

横から鏡で顔を見た時、顎のラインに肉が付いたり2重になったりしている。

顎と首の境目があいまいになっている。

ほうれい線が目立ってきた。

目の下が凹んだような印象がある。

当てはまる項目があった人も、なかった人も、諦めず油断せず
「今からキレイなフェイスラインを作るため」「キレイなフェイスラインをキープするため」、続きをどうぞ。

次に、顔のたるみがどうして出来るのかをちゃんと知っておきましょう。
顔のたるみの原因とは

加齢によりコラーゲンなど肌のハリの元となっている成分が減少する。それによって皮膚の伸縮性が落ち、弾力が無くなって、たるみとなる。

顔の筋力が衰えて下がると、それがたるみとなる。

紫外線により活性酸素が作られ、皮膚の真皮層のコラーゲンなどを破壊し、たるみができる。

皮膚が乾燥している状態が続くと、肌のハリが失われ、たるみができる。

年齢を重ねるごとにコラーゲン変化していくので、若い頃のような肌を保つことは難しくなります。

あの頃の肌に戻りたいなと10年前を振り返ったりしていませんか?

若い頃のような肌には戻れなくても、少しでもきれいでいたい。
そう願うのは女性にとって、自然な思いですね。

スキンケアや日々の生活習慣の努力で若く見せることはできます。

年を重ねても、肌にハリを保ち年齢を若く見せたい!

エイジングケアについて考えていきたいですね。
きれいにする努力をしていると、毛穴や黒ずみも目立ちにくくなります。

年齢がわかりやすい部分としては、目元や口もとです。

人と会う時には、目を見て話すことが多いので、目元の印象は重要ですよね。

この部分にしわがあまりなければ若く見られるのです。

反対に、この部分にしわがくっきりと見えると、どうしても老けて見られてしまいます。