毎日のお手入れで、肌にみずみずしさを維持するように続けていくこと

でも、最近なんとなく老けてきたかも・・・
30歳以降を境目に考えてしまうこともあるんですよね。

肌が乾燥して、ボロボロ・・・そんな悩みを感じたことがある人は多いはず。
お肌の老化って一気にきます。

出産や加齢の影響で、お手入れ不足であれば、どんどん加速していくんですね。

32歳、35歳、38歳とどんどん年齢を重ねるたびに、感じる老け感。。。
髪も肌もツヤツヤのまま年齢を重ねたいですね。

どうにか肌の老化をくいとめたい。
誰もがそう思うのではないでしょうか?

女性にとってシミ・ソバカスもシワと並ぶ脅威。これもまた真皮のコラーゲンの状態を整えることで、
ある程度は避けることができます。

表皮の構造は4つの層に分かれており、上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層から成り立っています。
新しい皮膚細胞は表皮の最も奥にある基底層でつくられ、少しずつ形を変えて徐々に表面に押し上げられて
角質層に到達し、やがてアカとなってはがれ落ちていきます。このような細胞の新陳代謝をターンオーバーと呼び
、おおよそ28日周期が理想とされています。

シミ・ソバカスは紫外線や化粧かぶれ、ストレス、病気などによってメラニン色素が異常に多くつくられるために起こります。

メラニン色素は基底層にある色素細胞でつくられます。メラニンは有害な紫外線を吸収して体を守ってくれる物質で
、強い紫外線に当たると、皮膚はたくさんのメラニン色素をつくり、肌は黒くなります。

若くて、健康な肌であればターンオーバーによって1ヵ月もすればアカとなってはがれ落ちますが、
年齢を重ねるにつれて色素細胞によるメラニン合成のコントロールが利かなくなり、メラニン色素が必要以上につくられ、シミやソバカスができます。

シミ・ソバカスはターンオーバーによって、だんだんと上に押し上げられて、そして正常な細胞であれば最後はアカとなって総てはがれ落ちます。しかし基底層での新陳代謝の働きが悪くなると、ターンオーバーの周期が乱れ、シミやソバカスが皮膚表面に居座りつづけるのです。

基底層の機能を根底で支える役割を果たしているのが真皮で、真皮のコラーゲンが変性すると、基底層の
細胞の新陳代謝も衰えて、シミ・ソバカスの沈着を許してしまいます。すっぽんコラーゲンサプリメント『すっぽん小町 すっぽんコラーゲンサプリメント『すっぽん小町』! すっぽんサプリ通販売上No.1!モンドセレクション銀賞受賞! くわばた りえさんも愛飲中、リピート率 90%が実感の証! 築地市場で高級ブランドとされる国産「はがくれすっぽん」のみを丸ごと使用。 コラーゲンはもちろん、コラーゲンの素となる 良質な「アミノ酸」や DHA・EPA・ビタミンE・鉄・ マグネシウム・亜鉛・カルシウムなど女性に うれしい栄養素をバランス良く含んでいます。 サイトトップページ

肌調子が悪いと感じる時には、あまり顔を触らないほうが良いですね。

肌のツヤ感を作る肌水分量はセラミドが中心。このセラミドは脂質なので洗顔・
クレンジングによって落とされてしまいます。

毎日のお手入れで、肌にみずみずしさを維持するように続けていくことが大事ですね。

肌の水分量が維持されるとターンオーバーが整い、角質細胞が粒ぞろいに。これがキメの細かさの元になります。

透明感のあるツヤ肌を目指すためにも、セラミドなどの保湿成分や無添加の美容成分がたっぷりと
配合された美容液を使って保湿しましょう。