量より質 恋愛でも同じ

学生の頃、
武勇伝を語る男子生徒がいた。

高校生の頃は、
恋愛について話す人が多いような気がした。

だれと付き合ったのかというより、

何人と付き合ったのか

何人に告白されたのか

というような話題をしている男子
女子がいた。

そうゆう話を聞くたびに、
何もない人は
焦りや不安もあったように感じる。

でも、実はそうじゃないなと思った。

告白された人数や付き合った人数

そうゆうのは正直どうでもいいのです。

多くの人数の中に
真の愛はどれくらいなのだろう

付き合う
というのは、結婚を考える相手だけで良いのではないかと思う

そう考えると、実際に結婚する人は
25前後 30前後という年齢が多いのだから
そのくらいの年で、最初に交際した人がいる
という感じで良い気がする。

交際相手が多い人よりも、真実の愛にたどり着けたのかという
ことのほうがよっぽど充実した人生になる。