視力が下がってきた・・・そんなあなたにおすすめしたいめがね

いままで視力が良かったのに、ぼやけてきた

遠くが見えにくくなった。

このような悩みを抱えていませんか?

スマホやテレビゲームをする時間が長いと
視力がだんだんと悪くなります。

視力が悪くなりたくない。

少しでも見えるようになりたい。

このように感じますね。

テレビやゲーム時、目の焦点を調節する毛様体筋は緊張しています。

それが続くと視力低下の原因となります。



「アイサポートめがね」の形状を見てみるとわかるのですが、無数の小さな穴が通常のメガネのレンズの部分にあけられています。これによって毛様体筋を使わずとも網膜に焦点を合わせられるようになります。毛様体筋を使わないで焦点の調整ができるということは、毛様体筋を休めることにもなり、これが「アイサポートめがね」の毛様体筋を休める効果があるという部分に繋がっているのです。だから、テレビやゲーム時に掛けると、毛様体筋は緊張せず疲れにくくなります。

皆さんの中に目を細めた時に遠くがよく見えるというような経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。「アイサポートめがね」の原理はこれと全く同じ原理で、光源がメガネにあけられている小さな穴を通ることによって入る光の量が限定され、水晶体を通る光の屈折を少なくすることができるのです。屈折が少なくなるということは焦点の距離も長くなり、より遠くのものが見えるというわけです。また、老眼の方は、「アイサポートめがね」をすると新聞も読みやすく、目に負担がかからなくなるのです。

自宅で視力回復を2週間無料体験【アイパワー】