陰口を言う人に対する考え

陰口を言う
というのは、人間だけだ。

動物はいちいち言わない。
そう考えると、動物のほうが賢い。

物事の考え方は、人それぞれ。

人間性と年齢はまったく違う。

いい歳しても、悪口が生きがいみたいな人もいる。

そして、そうゆう人は放置しておけばいいと思う。

反論しても、火に油をそそぐだけ。

そもそも、悪口を言う心理、
とは、その人自体が幸せではない人だからです。

幸せではない時、人は、自分よりも優位な立場の人や
幸せそうな人を下げようとする。

そんな気がします。

それに、実験で
褒め続けた花と

悪い言葉を言い続けた花

どちらが生き生きしていたか?

答えは、褒め続けた花
です。

これは、つまり言葉というのは、
発した本人が一番耳で聞いているということなのです。

つまり、本人はどのような言葉を聞いていたほうが
良くなるのか?

良い言葉にきまっています。

悪い言葉を使えば、当の本人に悪い現象が起きるのです。

悪口は、自分に返ってきます。

良い言葉を使ったほうが良いですね。