自分がしたこと

悪いことが起きた時って何故?と
疑問になりますよね。

ただ、そうゆうのって、

他人にしたことだったりします。

ずっと昔に誰かを傷つけたこと

があるとします。

したほうってのはすぐに忘れちゃいます。

人は自分がダメージ受けてないことは
痛くもかゆくもないからです。

相手が傷ついたとしても、
そこまで深く感じずに忘れるものです。

ただし、その相手にダメージを与えたことというのは、

いずれ自分に返ってきます。

返ってくるタイミングは、

数年後、
場合によっては、数十年後という場合もあります。

なのですべては自分に返るのです。

なんで自分だけが?

理不尽な思いをしたり、

相手に傷つけられたと感じた時には、

子供のころに
だれかをいじめたりしていなかったか?

ひどい言葉を言っていたりしなかったか

考えてみるべきです。