毛穴やほうれい線が治らない

     30代以降になると、鏡を見て老けたかも・・・

     中盤になると、さらにガクっと老けた!と感じる女性は多いです。

     若いころに比べて、肌のハリを感じない・・・

     ほうれい線が気になる

     目元にしわが・・・

     と悩むことってありませんか?

普段の化粧品のスキンケアに加えて、さらにハリをアップするためには、
 美容外科での治療も考えてみると良いです。

一度の治療でも、すぐに肌のハリをUPさせる方法があります。

美容外科で受けられる水光注射の施術を受ければ、
一時的に肌のハリ、たるみ、ほうれい線などの悩みを改善できます。

美容外科の治療で受けられる水光注射とは?

水光注射は主にヒアルロン酸を使用し、肌のごく表面の層に均一に注入します。

ヒアルロン酸は水分を保持する力が高く、皮膚に潤いを与え、ハリや弾力を感じるようになります。

ツヤ、ハリ、うるおいのある肌のことを韓国では「水光皮膚」と呼び、
水光注射とはそれを実現する治療法のこと。韓国では人気の美肌治療の1つだそうです。

透明感があり、しわが目立たないだけで、肌が若々しく見えますよね。

水光の注射では、専用の注射を用いて、顔全体にヒアルロン酸を注射していきます。

肌の角質に潤いを届けるので、キメが細かくなり、肌のハリ感がアップします。

肌のたるみやほうれい線で悩んでいる方にも人気の治療法です。

話題の水光注射の詳細はこちら

水光注射はほとんど痛みを感じないことが人気の理由です

治療中は麻酔を使用しているので、痛みをほとんど感じません。

さらに、ヒアルロン酸のほか、ビタミン、アミノ酸、肌の細胞に近い成分EGF
プラセンタなどの薬剤を肌の悩みに合わせて配合してもらうことも可能です。

麻酔クリームを使うので痛みはありません
ダウンタイムもほとんどなく、翌日からメイクできます。
施術時間はおよそ30分。
お風呂に入ったり、洗顔をすることも可能です。

水光注射のデメリットとしては、永遠に続く治療法ではないということです。
ヒアルロン酸は肌に吸収されてしまうので、効果がなくなってきたら、再度治療を受けることで肌の艶を維持することが出来ます。

個人差もありますが、半年ほどは水光注射の効果は保てます。

保険外治療になるので、数万円の価格はかかります。

普段のケアでは毛穴やほうれい線が治らない、深刻に悩まれている方は
一度美容外科での水光注射の施術を検討してみると良いですね。

肌のハリに効果を感じる水光注射とは?