肌に浸透しにくい水溶性の美容液でも角質層までしっかりと届ける



肌は、皮脂と汗がうまく混ざりあった「皮脂膜」と「細胞間脂質」や「天然保湿因子(NMF)」によって
潤いバリアを作り、体内の水分が外へ逃げるのを防いだり、
紫外線などの外的刺激から肌を守ったりしています。

その為、水溶性の美容液を与えても、油に水を入れると反発するように、
角層のバリア機能に阻まれるため、浸透※しにくいです。

それに加え、柔軟性の足りないお肌は、さらに浸透※しにくいのです。

そこで、ハーリス ネックシートマスクは、人間の表皮と同じラメラ構造をしており、
肌との親和性が高いナノサイズのカプセルに美容液を閉じ込める事で、
肌に浸透しにくい水溶性の美容液でも角質層までしっかりと届ける事を可能にしました。

また、多重層で出来ている為、美容液を長時間にわたって効率よく放出する事で、
お肌に潤いを与え続け、デコルテ全体を覆うシートの密閉効果で美容液を効率よく浸透します。

さらに、成分にもこだわり、ヒアルロン酸の約20倍以上のパワーの
プロテオグリカンを配合しています。
気になる首元を50mLの美容液で密閉
貼るプロテオグリカン「ハーリス ネックシートマスク」


プロテオグリカンは1970年代から注目されてきましたが、
1グラム3,000万円と非常に高い製造コストがかかり製品化は不可能と言われていました。

しかし、弘前大学を中心とする研究の結果、
高純度プロテオグリカンを大量かつ安全に抽出する技術が確立されたことで、
これまで高価だったプロテオグリカンの製品利用が可能になったのです。

この弘前大学が確立した技術でサケ鼻軟骨から抽出された
高純度プロテオグリカンのみを「あおもりPG」と略称しており、

「あおもりPG」(米国商品名・ジュベコール)は、2017年3月に米国(アナハイム)で開催された
全米最大の食品・サプリメントの見本市で新成分最優秀賞を受賞しました。