noteを経験 どんな感じ?

コロナ自粛中、自宅で楽しめることにトライした。

一つは、note。

流行りなのかな?

とにかくnote始めた人が2020年すごく多いらしい。

私が書いてた時にも、次々に新しい人が増えていた。

自己紹介と検索すれば、どんどん新しい人が増えている。

みんな頑張ってますね。

noteの世界は、街というか、海というか、
アートですね。

高校生くらいから、70歳くらいの人まで
色々な年齢の人が書いていた。

そのいろいろな話を聞けることは楽しいし、新鮮でした。

noteに夢中になる皆さんの気持ちもわかる。

スキの数なんて気にしなくて、不定期で更新するのが良いかなと思った。

毎日noteを更新していると、若干疲れた正直。

まず、ネタ切れ。

これ誰もが思う問題。

はじめは書きたくて仕方ない。

ただ、旅行行くわけでもない毎日の中、

そんな毎日毎日書くことはない。

なので、色々考え方とか個人的なことを書くことが良いのかな?と。

他人の芝生は青いものなので、フォロー数がすごく多い人とかもいるけれど、
それは気にしないほうが良い。

有料記事がばんばん売れてそうな人もいるから
比較してしまうこともあるかもしれないけど

やっぱり他人と比べてもツライし、

そもそも戦いの場所ではないし。

noteは優しいと言われるプラットフォーム。

私もそれはそう思った。

書いたものに対してスキボタン押してくれる人いたり。

本当にありがとう。

ここからお礼を言ってみたりして。

個人的にはスキボタンがないほうが書きやすいかな。

自由気ままに書けるし。

いつ書いてもいい

他人を気にしないでスキなことをスキなように書ける場所。

そのほうが楽しいかな。

noteもSNS。

人間関係が始まると、それはそれで気を遣うこともあるし。

自由に書きたい。

自由に楽しい世界を表現したい。

そんな場所があると楽しいよね。