花粉症がつらい

毎年やってくる嫌~な花粉症の季節。

止まらないくしゃみや鼻水。

薬を飲むと副作用で眠くてだるい、と

この数か月間は本当に憂鬱ですよね。

でもよく周りを見てください。

花粉症の人でも症状の軽い人と重い人がいませんか?

中には花粉症のはずなのに全く症状の出ていない人もいますよね。

同じ花粉症の人の中でもどうしてこんなに症状に差がでるのでしょうか。

実は花粉症の対策の方法次第で、症状に大きな差があらわれるのです。

もし、あなたが花粉症の症状を少しでも軽くしたいのであれば

少しの間で構いませんのでこのページを読み進めてみてください。

あなたの症状を軽くしたり、ほとんど気にならなくなるくらいまで

症状を緩和できるかもしれません。

花粉症患者は年々増え続けていて都市部においては

2人に1人が症状の程度の差こそあれ、花粉症であるというデータがあります。

花粉症はアレルギーの一種ですので、都市部のアレルギーを悪化させる要因である

排気ガスや大気汚染、または気密性の高いコンクリートの建物が増えたことが

その一因となっているようです。

花粉症の発症のメカニズムはコップに水を注ぐことによく似ており

コップが体、水が花粉とイメージし、花粉が体に入る度に

コップの水が増えていき、水が溢れたときに花粉症が発症します。

今、花粉症じゃないから大丈夫

と思っていても、今年になっていきなり花粉症になってしまった

ということがよくあるのが花粉症なのです。

一度花粉症になってしまうと治すのは困難です。

一定の効果が出ている根治療法もでてきてはいますが

長期間、医療機関に通う必要もあり、全ての人に効果があるわけではありませんので

多くの人がくしゃみや鼻水などの症状を薬で抑える対症療法をしているのが現実です。

くしゃみや鼻水などの症状は一度でてしまうとなかなかおさまらず

仕事や勉強に大きな影響がでてきます。

薬も現在は眠気やだるさなどの副作用がでにくいものも登場してきていますが

これにも個人差があり、やはり眠くなる人もいます。

ツライ花粉症の症状ですが、なぜか症状の重い人と軽い人がいます。

中には全く気にならないレベルの症状しかでない人もいます。

一体、この差はなんなのでしょうか?

もちろん、体質によるアレルギー症状の重い軽いもありますが

実は花粉症の対策をどうしているかによって大きな差がでているのです。

あなたは薬局で購入する花粉症の薬をどのようにして選んでいるでしょうか?

「よくCMで見るから・・・」

「みんなが飲んでいるから・・・」

と、適当に選んでしまっていませんか?

薬の選び方や、その飲み方もほんの少し工夫するだけで

花粉症の症状や薬の副作用は大きく変わります。

その他、花粉症の対策で何をしているかによって

その年の花粉症の症状は大きく変わります。

花粉症緩和マニュアル