自然な白さの歯がモテる・自宅でセルフホワイトニングしよう

1.ホームホワイトニングとは
ホームホワイトニングとは、自身でおこなうホワイトニングのことをいいます。歯医者さんで自分に合ったマウスピースを作成してもらい、専用の薬剤をマウスピースに塗布、毎日装着。とメンテナンスが簡単です。とても簡単な方法なのでホームホワイトニングを初めにホワイトニングデビューをする方も多いようです。こちらは、およそ2週間で効果がでると言われています。歯医者さんやサロンには通わず、自分の都合のよいタイミングで歯を白くすることができるので平日忙しく、歯医者さんへ通うことが出来ないサラリーマンやOLに人気があります。
2.ホームホワイトニングのメリット
2-1 お得!何度もメンテナンスができる
ホワイトニングは、歯医者さんで施術をおこなうオフィスホワイトニング、自宅でおこなうホームホワイトニング、2つのホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングと3種類あります。ホームホワイトニングはマウスピースを作成してしまえば、薬剤を購入するだけで何度もメンテナンスをおこなうことが可能です。オフィスホワイトニングやデュアルホワイトニングだとメンテナンスをおこなう度、費用が掛かってしまいますよね。
またホワイトニングは自費治療になるので、使用しているホワイトニング剤、土地柄、スタッフの人件費など料金が異なります。あくまでも相場なので歯医者さんによっては、平均相場とは大きく異なる場合があります。

2-2 費用対効果でみればホームホワイトニング!

楽天ランキング4年連続第1位の歯みがき粉
100%国産原料アパタイト、ヒトのカラダと環境、どちらにも優しい歯みがき粉「キラルンプレミアム」。 楽天総合ランキング4年連続1位の「キラルンペースト」を改良し、本店サイト限定流通で生まれました。 ・国産真鯛のウロコを使用した、世界で唯一の真鯛ウロコ由来天然アパタイトを配合! ・天然アパタイトは、人工アパタイトよりも歯の再石灰化を促し、 学術的に証明されています。 ・アパタイトをはじめとして、歯質を強化し虫歯を防ぐ3つの成分  フッ素、ポリリン酸ナトリウム、キシリトール、を配合。   ・歯垢除去効果に加えて、歯が白くなったというレビューも多数獲得。

■歯の構造

ホームホワイトニングは、歯の内部(象牙質)から漂白していきます。低濃度の薬液を使用して、徐々に歯を白くしていくので、後戻りがしにくく、自然な白さに仕上がります。
コーヒーやワイン、カレー等の着色は表面の汚れなのでオフィスホワイトニングで漂白できますが、加齢による黄ばみは内部から生まれるのでホームホワイトニングをされた方が効果を感じやすくなります。タバコを吸う訳でもないのに、何故黄ばんでしまうのだろう…と感じている方は年齢による黄ばみかもしれませんね。
2-4 知覚過敏になりにくい
ホームホワイトニングは、一般の方が自分で施術をするものなので薬液は刺激が少なく、知覚過敏になりにくいです。即効性の高いオフィスホワイトニング(歯医者さんで施術をおこなうホワイトニング)は、専門の資格を取得した歯科医師、衛生士のみが使用できる高濃度な薬液を使用しているため、多少の痛みを伴います。

効果には、個人差が生じるため、気になる方は通われている歯医者さんで聞いてみましょう。あなたのメンテナンスや食生活次第で効果が大きく変わります。色の変化には個人差がありますが、おおよそ2週間で色見本で言う2~3段階白くなると言われています。やればやるほど効果が出るので、毎日のホワイトニングが楽しくなるに違いありません。

薬用オーラパールプラス これ1本で口腔トータルケア「薬用オーラパールプラス」 歯の美白 × 歯周病予防  × 口臭予防 × 知覚過敏症状の予防。 風邪には「ジキニン」の製薬会社「全薬グループ」の通販限定の薬用歯磨き剤です。 オーラパールプラスには、歯を白く丈夫にして虫歯を予防する「薬用ハイドロキシアパタイト」の他、 歯ぐきのケア成分、歯がシミるのを防ぐ成分、口臭を予防する成分など10種類もの有効成分が配合されています。 有効成分の薬用ハイドロキシアパタイトとトラネキサム酸を日本で初めて配合した歯磨き剤です。 さらに独自のブライトニング処方(宇和島産のパール成分※1、ヤニを除去する有効成分PVP※2、 薬用ハイドロキシアパタイト)によって理想の輝く歯へ導きます。 ※1:加水分解コンキオリン液 ※2:ポリビニルピロリドン