ニキビができてしまった時メイク注意点【これだけは要注意】

ニキビができてしまった時はあまりファンデーションは塗らずに、自然な状態でいた方が早く改善します。

ファンデーションをすることで、毛穴が詰まるとひどい状態になることもあるので、
ニキビ肌にはメイクをしないほうが良いと言えます。

ニキビができた時の肌は、とてもデリケートな状態になっているので、なるべく刺激を与えないことが早く
きれいな肌に戻すポイントです。

社会人はナチュラルメイクがマナー

会社で働いていると、どうしてもメイクをしなければならないこともありますよね。
マスクをして働ける職場以外は、ナチュラルメイクが社会人のマナーとも言われています。

そこでニキビがあるときのメイクの注意点があります。

まず注意したいのがファンデーションです。

つい隠したくなり、コンシーラーなどで厚塗りしてしまう人もいます。

あまり圧塗りをして隠そうとすることで、毛穴が詰まりさらにニキビの原因となってしまいますので、
なるべく薄く塗りましょう。 大きく膨れ上がっているニキビができている場合には、メイクはしないほうが良いです。 早めに皮膚科に行きましょう。

ファンデーションは薄塗りが基本です。

メイクをする時には、あまり油分の含まれていないものを選ぶようにしましょう。
化粧下地には、油分が多く含まれるので、肌が敏感な時には塗らないほうが良いです。

肌に負担の少ないミネラルファンデーションや寝ている間にもつけていて
美容効果の高い、美容液タイプのファンデーションが好ましいです。

潤いを保ちながら、キレイに肌トラブルを隠すことが出来るBBクリームやCCクリームなどは良いですね。 化粧下地は油分が多いため、アクネ菌の増殖を加速させてしまいます。

ニキビがまだあまり大きくなく色もほとんど目立たないという場合には、
ファンデーションの代わりに、色の薄いミネラルファンデーションを使うのも良いでしょう。

会社から自宅に帰宅した後には、クレンジングや洗顔をして、ファンデーションや余分な皮脂を
落としたほうがニキビを改善するためには大事なことです。
毛穴を詰まらせないことが、ニキビ肌を治すために大事なことです。

ニキビを完全に治すまでには、ある程度の時間も必要です。
肌荒れしている時には、なるべく負担を与えずに、ニキビが治ることを待ちましょう。

コメントを残す